オミクロン株の正体!?

新型コロナ変異株、「オミクロン株」の正体が、ゲノム解析でみえてきた!?

増殖速度はデルタ株の五倍と言われているオミクロン株。

新型コロナウイルス感染の「第6波」の引き金となった変異株「オミクロン株」。その感染力の高さやにより市中内感染など全国各地で一気に広がりましたね。

現在までに大学研究者や大学病院による新型コロナ感染症患者由来の検体を用いた全遺伝情報(ゲノム)解析などで明らかとなり、オミクロン株の正体の一端が見えてきたとの事。ですが、直ぐに同系統の一種、“ステルスオミクロン”とも呼ばれる「BA.2」による新たな感染拡大の懸念が出てきました。

果たして政府が目指す経済活動と感染症対策の両立は実現するのでしょうか。

国立感染症研究所が海外情報と国内のリスク評価の更新に基づき、オミクロン株を「懸念される変異株(VOC)」に位置付けたのは、2021年11月28日のことです。その後、新規感染者数は急拡大し、デルタ株による「第5波」を優に超えてしまいました。  

その後、私の友人と家族も感染者に。。。

「オミクロン株による感染者は、当初からデルタ株感染者に比べ、入院や死亡リスクが低いとする海外の研究結果が報告されていた。」国内でも東京大学医科学研究所の佐藤佳准教授らが、従来株に比べて病原性が低いことを2月上旬に明らかにしたそうです。数理モデリング解析でヒト集団内における増殖速度は、デルタ株に比べて2―5倍高いことも見いだしたとか。(YahooNewsより一部引用)

どの程度の感染確立!?

オミクロン株感染者による感染リスクは一体どの程度あるのでしょうか。

理化学研究所計算科学研究センターのチームリーダーでもある、神戸大学の坪倉誠教授は、スーパーコンピューター「富岳」を使ったシミュレーションで感染リスクの高さを公表しました。

感染力をデルタ株比1・5倍と仮定して試算した結果、感染者が不織布マスクを装着していても50センチメートル以内に近づいて15分間会話すると、感染リスクが高まることが分かったそうです。

これでも低リスクだからと思う方もおられるのではないでしょうか。

オミクロンの怖いところは感染力が高い=病床ひっ迫や、施設内感染による患者が患者を見なければならないところや、待機人口が急激に増えることによって業務STOP等による経済への影響という二次災害どころではない状態に発展しかねない所です。

今やTVなどを視聴していても、かなり離れた状態で今まで使用しなかったくらいのスペースでスタジオを使用していますよね。

芸能関係者もこういった面にかなり気を付けておられるのではないでしょうか。

私も手指の消毒、マスク着用は必須、人と話すときは1m以上離れるか、シールドのある所で、を徹底しています。不便ですよね。

しかしながら最悪の事態を想定して用意していれば絶対とはいかないまでも遠ざけることに繋がります。

今後も予断を許さない状況ですが、これを読んでくれた皆さんが健康で安らかに過ごせることをお祈り申し上げます。

投稿者: mgmafamily

1975年生まれ。 妻と息子、そして2021年9月からポメラニアンのワンコを迎え3人と1匹の家族です。 趣味 ガンプラ、音楽鑑賞、読書、小説作成 好き 家族、食べる事、調べる事、ガンダム 嫌い 根拠の無い批判、ラッキョウ、口だけの人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。