転職を考えているあなたへ

現在就職先に困っていると聞くことが多い中で、人材不足と聞くこともしばしば、しかしなぜこのようなことが起きるのでしょうか。

欲しい人材に対し、企業が求めるものの差

当然、企業は面接官が面接を行い、その方々が適正かどうかを判断して合否判定を行う訳ですよね。しかしながら、いざ業務に就いてみると「聞いていた話と違う」なんてこと皆さんにもありませんでしたでしょうか!?

上場企業であればあるほどそういった事は簡単に口にしないと思いますが、昨今コロナ禍に入り、人材不足で猫の手もかりたい!などと面接では「簡単な業務です」という企業も少なくないと聞きました。

そして、いざ会社に入ると「教えてもらえない」「分からないから聞いてるのに怒鳴られる」といったことも横行しています。

折角転職したのに

現在の離職率ワースト5は以下の通りとなっております。とはいえ、製造業などもかなりの打撃を受けているので業種を細かく見たら企業によってはハローワークなどからも勧められないところも出てきそうですね。

引用元 転職エージェントマニア.COM

上位5位の離職率の高さの要因としては「薄給」「激務で体が続かない」などが挙げられています。

私の取引先の方に聞くと(製造)やはり「激務」が続くのに「給与が安い」、そこに加えて社内の雰囲気が非常に悪いそうです。理由としては以下になります。

1.パワハラが未だに横行している

2.病んでしまった社員に更なる負荷をかける

3.部署によって業務負担の格差が大きすぎる

上記以外にも上げたらきりがないとの事でしたが、話を聞くうえでは旧体制のままなのでしょうね。TOPがパワハラの訴えがあっても動かない様な企業では病んでしまうか、人によっては憤慨するでしょう。

こんな時に勢いで辞めずに、先ずは計画してみて下さい。

「自分は何ができるのか」

これを把握し、やめるまでの準備をするうえで「何がしたいのか」「どんな職種に就きたいのか」を冷静に考えられないと、「辞めた後に失業保険が下りなくなっても仕事が見つからない」なんて悲しい事になりかねません。

企業は会社に都合のいい人を欲します。きつい話ですがこれが現実です。

なので病んでしまい仕事で悩んでしまった場合、先ずは精神内科へ罹り診断してもらう事をお勧めします。その後に改めて「一か月」なのか数週間なのか、心も体も休めましょう。

その間に今後どうするかを考えてみたらどうなのでしょうか。

ハローワークでもアピール出来るようなスキルを

知人がハローワークに行った際の出来事です。初めてだったので色々聞きながら本登録を済ませ、窓口で一応参考に聞いてみたそうです。

「私の年齢で(40代後半)職ってありますかね」

「現在の職種の中で何ができるとか具体的にお教え下さいますか?」

「PCはそこそこできます、うちの会社は管理システムなどないので自分で一から作ってましたし、Wordで文書作成もしょっちゅうで、powerpoint等もプレゼンや、教育などで活用していました。その前は技術職だったので手先は器用な方です。」

ここまで言うと「はい!それなら結構ありそうだな~」と探してくれそうな分に気でしたが、ここであることを言われたそうです。

「年収は今より下がるかと思いますが、大丈夫ですか?そういった事も踏まえてお探しください」この言葉で少し踏みとどまろうとしたそうです。

それは辞めないわけでは無く、資格を取るなどの策を講じるための時間稼ぎをしようという事でした。後で自分が笑顔でいるためにも後悔の無いよう、仲間を作り、自分を高め、有意義に生きられるよう生きていきましょう。

それでは今回はここまで、お付き合い下さいましてありがとうございました。

投稿者: mgmafamily

1975年生まれ。 妻と息子、そして2021年9月からポメラニアンのワンコを迎え3人と1匹の家族です。 趣味 ガンプラ、音楽鑑賞、読書、小説作成 好き 家族、食べる事、調べる事、ガンダム 嫌い 根拠の無い批判、ラッキョウ、口だけの人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。