佐川急便パワハラによる自殺 会社対応

 

フォークリフト, 倉庫, 機械, ワーカー, 業界, パレット, 貨物, ストレージ, 運送, 車両

 このタイトル。これを読んでいただいている皆さんの中ですでにご存じの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

2021年6月に物流大手の佐川急便男性社員(当時39歳)が東京品川区内の営業所屋上から飛び降り自殺。

 どのサイト、ニュースでも取り上げていますが、代理人弁護士によると、男性は都内の営業所でドライバーを管理する側の業務に就いていたそうです。所内の課長二人は彼をメッセージアプリで「うそつき野郎はあぶりだす」「なめきってるな」などといった脅迫ともとれる暴言、そして左遷をほのめかすような発言などを送っていたそうです。

挙句の果てには同年3月には1年近く続けた担当の業務も外されたとも…

この内容は明らかに「安全配慮義務違反」です。

wikipedia

 様々な発言がネットで流されている中、私piro労働基準法から切り込んでいきたいと思います。

先ずは会社内でのハラスメントに対する教育内容の不十分さです。

安全配慮義務とは最近になって制定されたわけではありません。昭和50年に起きた「陸上自衛隊事件」により定立された概念になります。そして安全配慮義務平成24年8月に明文化されています。

労働基準法内の「労働契約法第5条」(労働者の安全への配慮)が制定されてからも数多くのパワーハラスメント、セクシャルハラスメント、中には部下から上司へのパワハラ、女性から男性へのセクハラ(男のくせにこんなことも出来ないの!?)などといった多種多様なハラスメントが横行しています。

 一番に配慮の観点で気を付けなければならないのは「会社側」です。しかし、悲しいかな昨今変わらず企業は隠す風土を払拭できません。何故でしょうか。

使えないやつ、覚えの悪い人を潰しにかかる。

 という風に書きましたが、実はこの中にもう一つの事実が隠されています。それは何でしょうか。

答えは「自分より出来る奴が気に食わない」です。あくまでこれは推測ですが、ほぼ合っていると思っています。

倉庫で働くライン工の男性のイラスト

 何故かこのような推測をしたかというと、男性社員が元気な頃に奥様に言った「仕事が楽しい」という言葉、そして明るい人だったこと。おそらく仕事にやりがいを感じ、充実していた期間があったのでしょう。しかし、自殺する6月に近づく頃になると、奥様に対し「仕事量が多すぎる」などと話していたとの事です。

 安全配慮義務 法第5条の「生命、身体などの安全」には、心身の健康も含まれるものであることとなっています。という事は上司は彼が「自分から言ってこなかったから気づかなかった」と言い訳するのであれば即OUTです。

 そして、「分かっていたが彼は能力が高いのでこなせると期待していた」等と言い訳をするのであれば尚更「管理能力が欠如した管理監督者」という事になります。勿論その上司を任命した上司の責任も問われるでしょう。

 もう一つ気になるのは「辞職したいと家族に言わなかったのか?」です。家族の事を考えればどんな環境下でも「頑張らねば」と思うのが普通でしょう。しかし、鬱になり、心身喪失までいってしまえば仕事はおろか、普段の生活もままならなくなります。だから会社単位で取り組んで精神衛生上と体の負担軽減に努め、社員に働きやすい環境を提供しなければならないわけです。

パワハラ防止法って!?

厚生労働省パワハラ防止法 引用

 2020年6月に「パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)」が施行されました。大企業に対しては2020年6月1日からパワハラ防止法が義務化されております。中小企業に至っても2022年4月1日から義務化されます。

この中には、会社側が微妙なものも含め「パワハラ」と捉えられる事案に対処、精査する様求められています。

今回の佐川急便の対応は対処が不十分でした、上司が恫喝、40分以上立たせての叱責などを誰も気付かない、訴えようとしない、見て見ぬふりをする、といった腐食した風土が起こした「事件」であると思います。

 係長以下の社員の方たちは上司の恐ろしさに言えなくなっていたのでしょう。その気持ちは分からなくもありません。他所の上司も見て見ぬふりをしたか、「他部署に口出しは良くないな」と逃げた可能性もあります。

 これを読んで下さっている皆さんの中でこのような事で悩んでいる方はいませんか?一番よくないのは「逃げ場がない」事です。同僚、親、友人、奥さん、上司そこにも逃げ場がない場合は労働基準局に言うべきです。しかし電話するには勇気がいります。「会社側にバレればどんな仕打ちを受けるのか」確かに何かしらの措置は講じてくるでしょう。

 かくいう私もパワハラを受けた事がある一人です。正直佐川急便の男性社員と同じような内容を毎日受けていました。

・部下の前で毎日罵声を浴びせられる。(お前は何をやらせても遅い、ダメ)

・やっていない事も私のせいにされる。

・管理職がやるべき業務も全てフラれ、上司は毎日スマホをいじっている。(他所から毎日聞かされる)

・部下に教育を行っている時に現れ、「お前の教育はつまんねーなぁ」と大声で馬鹿にする。

 役職についてから上司に習ったことは「部下をないがしろにする」事だけです。業務は待ったく習ったことがありません。そして3年目、私が彼に何も言われないところまで来るとネチネチしたいじめにシフトします。

 その後、我慢の限界に来て社内のハラスメント委員会に訴えました。「どうせなら辞めたい、最近は殺意まで芽生えてきている」と。その後彼は左遷されましたが、反省の色は見えません。会社も大事にしたくないので左遷のみで済ませたのです。(降格無し)

 このサイトは始めてまだ若いので多くの方に見てもらえていません。

しかし、みて悩みを離されたい方がおりましたらリンクも近日中に着けますのでご相談ください。一助になれれば幸いです。尚、DMの際に「勧誘」とみなした場合には無視しますのでご了承ください。

以上ピロキャンナビでした。

投稿者: mgmafamily

1975年生まれ。 妻と息子、そして2021年9月からポメラニアンのワンコを迎え3人と1匹の家族です。 趣味 ガンプラ、音楽鑑賞、読書、小説作成 好き 家族、食べる事、調べる事、ガンダム 嫌い 根拠の無い批判、ラッキョウ、口だけの人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。